みなさんはトイレを毎日掃除しますか?

トイレは家の中でも最も汚れがたまりやすい場所です。
そのため、毎日掃除しないと、すぐに汚れが溜まってしまいます。

加えて、一番問題となるのは臭いだと思います。
トイレの臭いというのは一朝一夕で消えるものではなく、明日お客さんが来るからと言って、その前日に掃除しても意味がありません。

トイレは毎日掃除することが大事なのです。

しかし、毎日便器や便座をよく掃除しているのにも関わらず、どこからともなく臭うという経験はありませんか?
それはもしかすると、トイレタンクの汚れからくる臭いかもしれません。

トイレの便器や便座を毎日掃除しても、トイレタンクまでは掃除しないという人も多いです。
そして、本格的にしようとしたら、結構面倒くさいし、やり方がわからないという方も多いでしょう。

しかし、放っておけば、知らず知らずのうちに頑固な汚れになったり、しつこい臭いの元になったりします。
そのため、トイレタンクも定期的に掃除する必要があるのです。

さて、この記事ではそんなトイレタンクの掃除のやり方や頻度について詳しく解説しています。

この記事を読めば、トイレタンクの掃除のやり方がわかり、嫌な臭いともおさらばできますよ!

トイレタンクはどれくらいの頻度で掃除したら良い?

トイレタンクの掃除は、便器や便座を掃除するのとはわけが違います。
というのも、タンクの重い蓋をあけたり、薬品を用意しないといけなかったり、水を抜いたりしないといけないなど、結構手間がかかってしまうのです。

そのため、便器を毎日掃除するのに対して、タンク内の掃除は大体一ヶ月に1度ほどが望ましいです。

しかし、トイレタンクの掃除頻度は人によって本当に様々。
汚れているとわかっていたとしても、掃除を全くしない人もいます。

トイレタンクの掃除が面倒だという方は、トイレや洗面台に使うコーティング剤の使用がおすすめです。
掃除の後、このようなコーティング剤を塗ったり噴霧することによって、汚れや臭いの原因となるカビの繁殖を抑えることができます。

ただし、油断は禁物で、そういった処置をしていたとしても、二ヶ月~三ヶ月に一度は掃除するように心がけましょう。
コーティング剤による予防を過信しすぎてもいけません。

トイレタンクはここを掃除しよう

トイレタンクの掃除では、蓋とタンク内の掃除をします。

まずは蓋です。いつも見ている表側はそこまで汚れが気にならないと思いますが、問題は裏側です。
黒カビでいっぱいになっている時もあります。

タンク内

タンク内は、カビもさることながら、水垢も付いています。

また、トイレタンクの掃除をあまりしない家のトイレでは、ブラシやスポンジ、たわしでは取れないほど凝り固まった頑固汚れになってしまっている時もあります。

また、タンクの内側面はもちろんのこと、底やフロートの金具まで綺麗にしておきましょう。
特に金具などの精密部は臭いのもととなる尿石などの物質が取れにくかったり溜まっていたりします。

掃除の準備をしよう!必要なものリスト

トイレタンクの掃除に必要なものは次の通りです。

・掃除用手袋
・ブラシ
・スポンジ
・歯ブラシ
・耐水性サンドペーパー
・各種洗剤

まず必要なのはゴム手袋やビニール手袋です。
トイレタンクの中は衛生的とは言えません。

それに直接触った後、誤って目をこすったりすることで、粘膜にばい菌がついてしまいます。
それを避けるためにも手袋の着用はしましょう。

次に歯ブラシです。
普通のブラシでは小回りが利かず届かないような細かい場所でも歯ブラシなら楽に掃除することができます。

スポンジは、広範囲に洗剤をなじませたり、簡単な汚れを落とすのにも向いています。ただし、ブラシやスポンジでは取れない頑固汚れもありますので、そういった汚れには耐水性サンドペーパーを利用するようにしましょう。

最後に洗剤です。
トイレタンクの洗剤は多種多様です。洗剤については次の項から詳しくご紹介していきます。

掃除用洗剤の種類とそれぞれの特性

トイレタンクの掃除ではいろんな洗剤を使うと良いでしょう。
洗剤は種類によってそれぞれ得意不得意があり、掃除する場所や用途によって使い分ければ効果的です。

しかし、使ってはいけない洗剤もあるので注意してください。
カビキラーなど有名な塩素系漂白剤は使ってはいけません。
なぜなら、そういった塩素はトイレタンクにある金属やゴムを痛めてしまう性質があるからです。

トイレタンクによくつく黒カビは確かに塩素系漂白剤に弱く、最も早く強力に除菌し、加えてカビの再発生を予防してくれる働きもあります。

しかし、それを長い間定期的に続けていくことで、トイレタンクのダメージが深刻になり、修理を余儀なくされることも考えられます。

短時間で掃除をすませ、よく水ですすぐことができるのであればまだ良いかもしれませんが、あまりおすすめはできません。

酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は水と反応して泡を発生させ、その力によりトイレタンクのカビや汚れをしっかり洗い落としてくれます。
さらに、物によっては雑菌を抑えてくれるような働きもあり、最長で1~2ヶ月ほどの黒ずみ発生予防効果があると言われています。

しかし、簡単で便利である一方で、人力を伴わない掃除方法ですので、酸素系漂白剤では取れない汚れを放置しておくことになり兼ねません。
度々トイレタンク内を覗き、目立つ汚れがないか確認してみてください。

中性洗剤

中性洗剤は、酸性洗剤や塩素洗剤、アルカリ性洗剤とは違い、トイレタンクの外壁やゴムの部分を痛める心配が最も少ないのでおすすめです。
例えば、「トイレマジックリン」などが中性洗剤にあたります。

また、台所にある洗剤も中性洗剤が多いため、トイレ専門のものでなくても問題ありません。

重曹

どこの掃除をする時にも便利なのが重曹です。
重曹は、弱いアルカリ性の洗剤になります。
そのため、よく台所まわりに飛散している油汚れに使われたりすることが多いです。

もちろん、トイレタンク掃除だって例外ではありません。
先ほど、アルカリ性洗剤はゴムや金属に悪いと記述しましたが、重曹の場合は例外です。

重曹は、ただちに影響与えるくらい強いアルカリ性を持っているわけではないので、トイレ以外にも様々な場所で掃除に使えます。

クエン酸

クエン酸は、梅干しや柑橘に含まれるすっぱい物質です。
数あるトイレタンク洗剤の中でも、環境に最も優しいエコな洗剤と言えます。
クエン酸は重曹とは逆に酸性なのでえ、アルカリ性の汚れを落とすのを得意としています。

しかし、長時間使用すると、金属をダメにしてしまうので、タンク内を掃除する際に使うのはあまりおすすめできません。
使う場合は蓋や、どうしても汚れが落ちにくいアルカリ性の汚れにワンポイントで使うようにしましょう。

酸素系漂白剤で掃除をしてみよう

まずは酸素系漂白剤で掃除をしてみましょう。
トイレタンクは水垢・黄ばみ・カビなどが主な汚れの原因ですが、酸素系漂白剤は全ての汚れに対して効果があります。

酸素系漂白剤での掃除は前述の通り、あらゆる掃除方法の中でも最も簡単です。
方法は洗浄剤をタンク内に入れてつけ置きするだけです。これだけで大方の汚れは取れてくれるでしょう。

もしもそれでも取れない汚れがある場合は、ブラシやスポンジなどでこすることによって補ってください。
酸素系漂白剤で汚れが落ちやすくなっているため、楽に汚れを落とせます。

中性洗剤で掃除をしてみよう

次に中性洗剤での掃除方法です。
最初に止水栓をしっかり閉めましょう。
止水栓を締めないと、辺り一面水浸しになってしまいます。

そして、トイレタンクの蓋を持ち上げます。

タンク内の汚れが目立つ部分に洗剤をかけ、歯ブラシなどでこすってあげましょう。

汚れが取れてきたと思ったら、コップなどに水を汲み、やさしくすすいでください。
1度で汚れが取れていない場合は、繰り返してみると良いでしょう。

重曹で掃除をしてみよう

中性洗剤では落ちなかった汚れ落としに役に立つのが重曹です。
重曹を汚れている個所につけ、ブラシや耐水性サンドペーパーで磨いてみましょう。

重曹のアルカリ性は酸性の汚れを落とすのに役立ち、加えて細かい粒子は研磨剤の役割も担います。

クエン酸で掃除をしてみよう

クエン酸は前述の通り、タンク内では使うことができませんが、蓋の掃除には効果絶大です。

また、尿に含まれる成分が元になってできる「尿石」という汚れを落とすのにクエン酸は向いています。

更に、頑固な黄ばみであっても、クエン酸で取ることができます。

使い方は、汚れのある箇所にトイレットペーパーを指揮、水とクエン酸を混ぜた液体をそこにスプレーして放置するだけ!
これでもまだ取れない場合はクエン酸の濃度を高くしてみたりするなどしましょう。

自分の手ではどうしようもない!そんな時は業者に依頼!

自分の手ではもうどうしようもないくらいの汚れだったり、どうしても掃除が面倒くさいという人は一度専門業者に頼んでタンクの洗浄を行ってもらいましょう。

大体の業者はタンクだけでなく、トイレ全体の掃除もおこなってくれます。
業者は、ダスキンなどの大手の業者から個人経営でやっているところまで様々です。
地域によっても差がありますので、口コミを見てどこに頼むか決めましょう。

費用は、一か所10000円以内で完璧に掃除してくれるところがほとんどです。
安ければ6000円代のところもあります。

しかし、業者さんに掃除してもらったからといって、その後また掃除をせず放置をしていては同じことの繰り返しです。
業者さんに完璧に掃除してもらった後は定期的に自分の手で掃除を行うようにしましょう。

色んな洗剤・掃除方法を試そう!

いかがでしたでしょうか?
トイレタンクの汚れは一つの洗剤に固執するのではなく、場所や用途によって使い分けるのが大事です。

そして、一つの洗剤を試しただけで、汚れが落ちないと諦めてはいけません。
また別の洗剤を試すことも上手なトイレタンク掃除のコツです。

ぜひ、みなさんの家でも試してみてくださいね。