「クーラーをつけたら嫌な臭いが・・・」
「エアコン内部の汚れを自分でどうにかしたい」

エアコンの掃除が必要になった時、業者に依頼する前に自分でなんとかしようと考える方も多いでしょう。

そんな方の為に、エアコンを自分で掃除する方法をご紹介しています。

さらに、エアコン内部のカビ予防についても解説しますので、掃除をした後もエアコンをキレイに保つことができますよ。

1.エアコンはなぜ臭くなる?原因はカビ?!

ひさしぶりにエアコンをつけたら、嫌な臭いにおいがする時がありますよね。
この原因は、エアコンの内部に生えているカビです。

クーラーを止めると急激に温度が変わり、ファンが結露します。
そして、結露とエアコンのほこりが合体することにより、エアコン内にカビが発生するのです。

カビは放置しても自然には消えてくれません。
1日でも早くエアコンクリーニングを掃除しないと部屋中に、カビの胞子をばらまくことになります。

服や寝具、壁紙にカビの胞子がつくだけでなく、呼吸する空気にもカビが混ざってしまうのは避けたいですよね。

では、エアコンの中のカビを取るには、どこをクリーニングすれば良いのでしょう?
エアコンの部位別に掃除方法をご紹介していきましょう。

2. 自分でエアコン掃除するならはフィルター・フィン・ファンの3箇所!

2-1. フィルターの掃除方法

用意するものは掃除機、フィルターがすっぽり入るバケツ、やわらかいブラシかスポンジです。
洗剤は必要ありませんが、使いたい場合は台所用中性洗剤を薄めたものを使用してください。

最初に電源を切ってから、エアコンの前面カバーを開きましょう。

取り外し可能なフィルターが、左と右に合計2枚入っていますので、真ん中を軽く持ち上げてから外してください。

掃除機でフィルターに付いたほこりを吸い取った後、ぬるま湯にひたして細かいほこりをふやかします。

そして、やわらか目のブラシかスポンジでこすって汚れを落としたら、よく乾燥させ、再びエアコンにセットして完了です。

2-2. フィンの掃除方法

フィンの掃除には、ドラッグストアやホームセンターで販売しているフィン用のエアコン洗浄用スプレーを使います。
さらに、掃除機やフィンクリーナーブラシがあると、エアコンクリーニングがはかどりますよ。

はじめにコンセントを抜きましょう。
そして、エアコンから汚水が垂れるかもしれないので、床の上には雑巾を置いておきます。

エアコンの全面カバーを開いてフィルターを取ると、いくつもの細いアルミ板が並んでいますが、これがエアコンのフィンです。

雑巾やモップで拭くと、毛や糸の繊維がフィンにからまって余計に汚れるので注意してください。

フィルターを取ったら、フィンの縦目に沿って掃除機をかけます。
アルミ板が曲がるとエアコンの熱効率が悪くなるので、優しく扱いましょう。

掃除機の次はフィンクリーナーブラシで、フィンの中に入ったほこりを取ります。
フィン専用ブラシなら、1ミリもないような細かいフィンの隙間も掃除が可能です。

最後にフィンに沿ってエアコン洗浄用スプレーを吹きかけます。

フィンにかけたスプレーの薬品は自分のほうには落ちない設計になっていますが、もし送風口から床に垂れてきたらすぐに拭いてください。

薬品を床に垂れたまま放置すると、液の跡が残る恐れがあります。

2-3. ファンの掃除方法

エアコンの内部で一番カビが生えやすい箇所がファンです。

カビ臭い原因の9割がファン内部のカビですが、一番掃除しにくい場所でもあるので気合を入れて掃除しましょう。

最低でも1時間以上かかりますし、汚れがひどい場合は半日でも終わらないこともあります。
準備するものは、エアコンのファン用スプレー、エアコン洗浄カバー、ヘッドライト、綿棒です。

最初に、コンセントを必ず抜いてください。
誤ってスイッチを押すなどで、ファンが掃除途中で回転してしまうと、手に大怪我をしてしまいます。

洗剤をファンにスプレーすると送風口から汚水が手前に垂れてくるので、市販のエアコン洗浄カバーで掃除前に養生しておくか、大きなごみ袋2枚で汚水を受け止めるカバーをセットしておきます。

念のため床や壁が汚れないよう、ビニールをかぶせておきましょう。

エアコン洗浄カバーかビニール袋で周辺を養生したら、ヘッドライトでファンのカビをチェックします。
ファンは黒いので見にくいですが、白い部分は全てカビです。

カビの量をチェックしたら、ファンにスプレーをかけます。
カビを取るためにファンを手で回転させながら、泡状クリーナーをファン全体にまんべんなく吹き付けてください。

ファンが回しにくかったら、割り箸などの細い棒を使って回すと良いでしょう。

ファン用スプレーは泡状タイプで、「くうきれい エアコンファン洗浄剤」もしくは「スクラビングバブル 激泡キッチンクリーナー」などがおすすめです。

フィン用スプレーと間違えやすいので注意してください。

ファンにつけた洗剤の泡が消えてきたら、ヘッドライトでカビがどれだけ残っているかチェックします。
取りきれなかったカビが残っている箇所は綿棒で取りましょう。

使い古しの歯ブラシや、シロッコファン用ブラシでは、太すぎてファンの溝の中に入らないので、綿棒での掃除がおすすめです。

クリーニングが終わったら、送風口にタオルを詰めて10分程送風運転させます。
この時、タオルを入れておかないとファンについた汚水と洗剤が部屋中に飛び散ってしまうので、注意してください。

ファンが綺麗に乾燥したら、消毒用アルコールをスプレーしておくとカビがつきにくくなりますよ。

3. エアコンをキレイに保つには?

フィルター掃除をこまめにすることで、カビのエサとなるほこりを減らしましょう。
真夏や真冬など、24時間つけている場合は1週間に一度のフィルター掃除が必要です。

フィンとファンの掃除は、冷房を使いだす前の春(4~5月頃)に行うことがおすすめです。

また、冷房運転の後はすぐに切らず、送風を10分間行うことで結露を予防できます。
結露がなければ内部が乾燥してカビが予防可能です。

4. エアコンを掃除するのにベストなタイミングは?

エアコンの掃除は、カビが増える時期よりも前が最適です。
梅雨時と台風シーズンの前にエアコンクリーニングをしておけば、真夏も真冬も綺麗な空気で過ごすことができますよ。

実際は、エアコンを使いだしてからカビ臭いことに気がつく方が多いので、夏(7~8月)はエアコン洗浄業者は大忙しです。

さらに、夏場は料金が割高だったり、自分が希望する日に来てもらえないこともあります。

5. エアコンクリーニングを業者に依頼した場合の費用

エアコンをプロの業者にクリーニングしてもらう場合の相場は、通常の壁掛けタイプは1台1万円前後、おそうじ機能付エアコンは1台2万円前後です。

また、天井埋込タイプは1台1万5,000円から2万円程度です。

業者にエアコンクリーニングを依頼する時には、フィン掃除だけなのか、ファンも掃除するのか、どのような薬品を使用して掃除するのか、抗菌カビコーティングはオプションなのか、駐車場代はどちらが出すのかなど、細かい点まで説明を受けてから契約するようにしてください。

まとめ

エアコンを自分で掃除する方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

エアコンクリーニングは道具と洗剤をそろえれば、自分ですることが可能です。

エアコンの臭いが気になり、自分で掃除をする際には、是非当記事を参考にしてみてください。

また、時間と手間を考えると、業者への依頼もおすすめです。
エアコン内部をキレイにして、快適にエアコンを使ってくださいね。