お風呂の鏡は、お風呂場の中で最も汚れやすい場所です。
石鹸の泡や水垢などの汚れがついて、鏡の意味を成していない事があるかもしれません。

掃除をしようとキッチンペーパーやぼろ布で拭いてみても、凝り固まった水垢はとても頑固で取れません。

かといって洗浄力の強い洗剤を使うと、鏡の光沢が取れるかもしれませんし、鏡は脆いので、力を入れて磨くと割れる恐れがあります。

なんとか簡単に、そして鏡の光沢を取らずに掃除する方法はないのでしょうか?

このページでは、お風呂場の鏡を掃除する方法と掃除のコツ、汚れの予防法について解説します。
お風呂場をキレイな状態にするために、ぜひ参考にしてください。

お風呂の鏡鑑の汚れの正体とは

先に説明したように、お風呂場の鏡は水垢で汚れることが大半です。

水道水の中に含まれる微量のカルシウムやマグネシウムが、水の常温蒸発によって析出され、鏡につくと水垢になります。
水垢が凝り固まると鱗のようになるので、水洗いでは取れません。

また、水垢がついた鏡は曇りやくなるので、日頃から鏡をキレイにしておきたいものです。

水垢のほかには、手垢でお風呂場の鏡が汚れることもあります。
鏡が曇るからといって手で拭いていると、手垢汚れがつくので注意しましょう。

手垢汚れは、人間の皮脂に含まれるたんぱく質による汚れです。
お風呂場の湿気と並んで、カビの原因になるので注意が必要です。

水垢や手垢以外に、お風呂場の鏡に白い汚れがつくことがあります。
白い汚れの正体は、石鹸カスです。

ついたばかりの石鹸カスは、ティッシュペーパーやキッチンペーパーで拭くと簡単に落ちます。

しかし、石鹸カスが凝り固まると、なかなか落ちません。
お風呂場から出る前には、鏡についた石鹸汚れをキレイに落としましょう。

また、鏡の曇りに対する一時的な解決手段として、石鹸を鏡につけて広げるという手法を取る人がいますが、つけた石鹸をしっかりすすがずに放置しておくとこの汚れの原因となってしまうので、洗い流すことを忘れない様にしましょう。

汚れを放っておくとどうなるの?

鏡についた汚れを放置していると、簡単に落ちなくなります。
汚れが凝り固まると拭き掃除だけでは取れなくなるので、研磨剤などで少しずつ削って落とすほかありません。

また、鏡はいつまでも永久に使えるものではなく、劣化や寿命があります。
大切に使えば使うほど長持ちしますが、お風呂場の鏡は汚れがつきやすいため、寿命が短くなりがちです。

汚れを放置していると、ただでさえ短い寿命を縮めることになるので、注意してください。

鏡掃除は準備が必要!必要な物はコレ!

お風呂の鏡掃除に必要な物は次の通りです。

新聞紙

新聞紙は、鏡掃除だけでなく窓掃除にも使える万能なアイテムです。
新聞紙のインクには汚れを吸収する作用があるので、掃除には欠かせません。
(新聞紙のインクが鏡にうつることはありません。)

新聞紙がない場合は古雑誌で代用可能です。

スポンジ

スポンジは、洗剤水などを染み込ませて鏡全体に馴染ませる際に使います。
タオルやぼろ布など、吸水性に富んだものでも代用可能です。

スプレー容器

スプレー容器は、洗剤を入れておくために必要です。
洗剤を手で触ると、肌荒れする恐れがあるので重宝します。

また、汚れている部分に必要な分だけ洗剤を噴霧できるので、洗剤の無駄使い削減にも有効です。

各種洗剤

洗剤は、汚れを分解して落とすために必要です。
(鏡掃除におすすめの洗剤については後述します。)

歯ブラシ

歯ブラシは、鏡を傷つけずに磨けるブラシとして有能です。
新聞紙やスポンジで取れない汚れは、歯ブラシで磨きましょう。

お風呂の鏡掃除におすすめの洗剤

クエン酸

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使うと、汚れが中和されて落ちやすくなります。

クエン酸は酸性なので、アルカリ性汚れの水垢や石鹸カスの除去にはぴったりです。
お風呂場の鏡掃除には、クエン酸水を使いましょう。

クエン酸の作り方

水200mlとクエン酸小さじ1杯を用意します。
水とクエン酸をスプレー容器に入れ、振って混ぜ合わせると完成です。

鏡にクエン酸を吹き付けて、新聞紙などで汚れをふき取ってください。

重曹

クエン酸と同様に、重曹も中和反応によって汚れを取ります。
重曹はアルカリ性なので、人間の皮脂による酸性汚れの除去に有効です。

また、重曹の細かい粒子には研磨作用があるので、石鹸カス汚れを削り取って落とす効果が期待できます。
歯ブラシと合わせて使ってみてください。

歯磨き粉

水垢や石鹸カス汚れを削って落とす時、市販の研磨剤では鏡を傷つける恐れがあります。

鏡を傷つけず掃除するには、歯磨き粉が有効です。
歯磨き粉にはごく微小の研磨剤が入っているため、汚れだけを擦り落とします。

ただし、研磨剤の粒が大きいタイプの歯磨き粉を使うと、鏡を傷つけます。

逆に、研磨剤の量が少ない子ども用歯磨き粉では、効果が半減するので注意が必要です。

水垢洗剤

どうしても落ちない頑固な汚れには、水垢洗剤を使いましょう。
(「茂木和哉」という水垢洗剤がおすすめです。)

水垢洗剤はクエン酸水と同じ酸性洗剤ですが、非常に強い効果を持つ点が特徴です。
汚れに噴霧して数分放置してから、キレイに拭き取りましょう。

ただし、水垢洗剤は効果が強いので、鏡を劣化させる恐れがあります。
「最後の手段」として使ってください。

お風呂の鏡掃除のコツ

まずは鏡を水洗いします。
水は鏡の滑りを良くするので、研磨によるダメージを防ぎます。

また、水洗いすると水垢や石鹸カスが多い箇所に水滴が付着するので、汚れている箇所を簡単に確認できる点もメリットです。

次に汚れを落としましょう。
先に説明したように、アルカリ性の水垢を落とす際は、クエン酸水を使います。

鏡全体にまんべんなくクエン酸水を噴霧した後、スポンジで馴染ませましょう。
新聞紙で擦ると、鏡についた汚れが驚くほど落ちます。

汚れを拭き取る際は、均等な力で小さい範囲を弱く早く擦りましょう。
強い力で広い範囲を擦ってしまうと、研磨にムラができる上、鏡に傷がついてしまいます。

もしも汚れが落ちない場合は、クエン酸水を噴霧して馴染ませた後、少し放置してから拭いてください。
どうしても汚れが落ちない時は、クエン酸水の濃度を少し高くしても良いでしょう。

皮脂など酸性の汚れを落とす場合は、重曹を使って同じ要領で掃除してください。

鏡掃除に便利なグッズ

激落ちダイヤモンド 鏡のうろこ取り

激落ちダイヤモンド 鏡のうろこ取りは、700円ほどで購入できる鏡のうろこ取り専用アイテムです。
特別な洗剤は必要とせず、水につけて擦るだけで鏡の汚れを落とします。

汚れが落ちる理由は、研磨剤である「人工ダイヤモンド」です。
人工ダイヤモンドには、鏡の表面を傷つけず、汚れだけを落とす作用あります。

ただし、鏡の表面が乾いた状態のまま激落ちダイヤモンド 鏡のうろこ取りを使うと、鏡に傷がつく恐れがあります。

使用する際は、必ず鏡に水をかけてください。
鏡に水をかけた後は、軽く均等に力を加えて縦方向に擦りましょう。

擦っている箇所に指で触れて、ザラザラした感じがなくなったことを確認してください。
ザラザラを感じなくなったら、鏡を水ですすいで新聞紙や布切れでから拭きしましょう。

激落ちダイヤモンド 鏡のうろこを使った後は、水洗いをしてから乾燥させた上、冷暗所で保管しましょう。(繰り返し使えます。)

ハイホーム

ハイホームは、石鹸と湯の花を混ぜた半練りタイプのクレンザーです。
価格は400gで700~800円と少し高めですが、価格に見合った効果があります。

使い方は、適量のハイホームを新聞紙に乗せて磨くだけです。
指にラップを巻き、ハイホームを付けて磨く方法もありますので、試してみてください。

ハイホームに即効力はありませんが、根気よく磨けばキレイになります。

レモンの皮

レモンの皮には多量のクエン酸が含まれているため、アルカリ性汚れの除去に有効です。
従って、ご家庭にクエン酸がない場合は重宝します。

ただし、レモンの実の部分を使ってはいけません。
レモンの実にもクエン酸は含まれますが、錆びの原因になる果糖が含まれるからです。

掃除をした後は、しっかりと鏡を水ですすいで皮汁を除去しましょう。

なお、レモンがない場合はみかんの皮で代用可能です。

じゃがいもの皮

じゃがいもの皮にも水垢を分解する作用があります。
じゃがいもを使った後は皮を捨てず、保管しておきましょう。

ジャガイモの皮の使い方は、レモンの皮と同じです。
鏡を水で濡らしてから、じゃがいもの皮で汚れた部分を磨きます。

汚れを落とした後、新聞紙で鏡をから拭きすれば掃除完了です。

レモンの皮やじゃがいもの皮は、ついたばかりの汚れを落とす際に使いましょう。

ウォータースクイジー

ウォータースクイジーは、掃除ではなく汚れの予防に使います。

ウォータースクイジーで鏡を磨くと、鏡の表面に残った水分や石鹸カスがキレイに落ちるのでおすすめです。

なお、ウォータースクイジーは鏡だけでなくガラスにも使えます。
ぜひ試してください。

ラップ

ラップはクエン酸水と組み合わせて使います。
汚れた鏡にクエン酸水をまんべんなく噴きかけた後、ラップでパックをするように貼り付けてください。

半日~丸1日ほど放置しておくと、ラップの内側でアルカリ性汚れとクエン酸が反応し、汚れが浮き出てきます。
汚れが浮き出たらラップを外し、新聞紙で水拭きをしてください。

汚れが取れたことを確認した後、鏡に水をかけてすすぎ、から拭きをしたら掃除完了です。

アルミホイル

アルミホイルは水と化学反応を起こし、金属イオンを放出して水垢を除去します。

使用する場合は、10cm四方程にアルミホイルをカットした後、水に濡らして鏡を擦ってください。
(黒い粒が出てきますが、水垢と金属イオンが反応した後に残る物質なので問題ありません。)

なお、アルミホイルは凝り固まった水垢汚れには効果がありません。

お風呂の鏡汚れを予防する方法

お風呂場の鏡汚れを予防するには、こまめな掃除が有効です。
日頃から掃除ができるよう、お風呂場に掃除道具を置いておきましょう。

常備する掃除道具としては、先にご紹介した激落ちダイヤモンド 鏡のうろこ取りがおすすめです。

激落ちダイヤモンド 鏡のうろこ取りには吸着効果があるため、使わない時は鏡や壁に貼り付けて保管できます。

手の届く場所に掃除道具があれば、日頃から掃除をする習慣がつくので、汚れが凝り固まって苦労することがなくなります。

また、ウォータースクイジーを使って鏡についた水滴を毎日拭き取る方法も有効です。

鏡に付いた水分を放置していると、鏡の中にある銀紙が水分によって酸化します。
酸化した銀紙は黒ずみになって鏡の劣化を早めるので、注意してください。

お風呂の鏡は掃除が簡単!頻繁に掃除をしよう

お風呂場の鏡に付いた汚れは、ご家庭にあるもので簡単に落とせます。

汚れが落ち難くなってから掃除をすると大変なので、日頃からコマメに掃除するクセをつけると良いでしょう。

また、鏡の表面だけでなく、鏡立てと鏡の間にできた隙間に汚れが溜まり、カビが生えることもあります。
鏡の裏側も定期的にチェックしましょう。