あなたは毎日使う洗濯機の掃除をしっかりと行っていますか?

毎日使うものだからこそしっかりと掃除を行う事が大切です。
洗濯機・洗濯槽は知らない間に菌がたくさん繁殖しています。

今回はそんな洗濯機・洗濯槽の掃除方法を重曹を用いて行う方法について解説していきます。

重曹で洗濯機の黒カビや水垢が落ちる理由とは?

重曹は魔法のパウダーとも呼ばれるくらいいろいろな使い方ができる便利なアイテムです。
重曹は炭酸水素ナトリウムという名前でも知られており、弱アルカリ性の性質があり酸性の汚れを落とすのに効果を発揮します。

酸性の汚れを分解するだけではなく、消臭作用もあり重曹一つでお掃除を完結する事ができます。

重曹は安価で健康にも問題がないため、洗濯槽掃除にはもってこいのアイテムです。
もちろん洗濯槽以外の掃除にも使う事ができますよ。

簡単できれい!重曹を使って洗濯槽を掃除する方法

まずは、洗濯機に水を最高数位まで入れます。
その中に重曹を1カップ(200cc)入れ洗濯機を回します。
この時洗いだけで脱水はしないでください。

洗濯機を回した後は、10時間ほど放置してください。
10時間放置した後、洗濯機にたまっていた汚れが浮いてきていると思うので、おたまなどを使ってすくってください。

このまま脱水してしまうと汚れがつまってしまうおそれがあります。
その後、すすぎと脱水を3セットほど行い、乾燥させたら完了です。

洗濯をする際、冷たい水で行うよりもぬるま湯を使ったほうが汚れは落ちやすいです。

また、重曹の量は1カップなので間違えないようにしてください。

重曹を使った洗濯機掃除の注意点

洗濯機掃除の際の注意点を2つ挙げておきます。

1つはドラム式洗濯機の場合水を入れすぎないようにすることです。
ドアから出ない程度に水を入れましょう。

2つ目に、重曹と洗剤を混ぜないようにしてください。
重曹と洗剤を合わせて使うと汚れの落ちが悪くなり、洗濯機によっては故障の原因にもなってしまいます。

効果抜群!重曹にプラスして掃除するならコレがおすすめ!

重曹に洗剤を混ぜるのはマイナスでしたが、重曹に混ぜて効果抜群なものもあります。
それはクエン酸とお酢です。

クエン酸は、水に溶けやすい酸性の物質です。
酸性であるため、アルカリ性の汚れに強いという特徴があります。
重曹と混ぜる事で炭酸ガスが勢いよく発生しそのガスが排水溝などの汚れを落としてくれます。

配合する量は重曹:クエン酸=2:1がおすすめです。
クエン酸の方が強いので重曹を多めにしてください。

クエン酸なんて家にないよという方はお酢でも代用する事ができます。
この時も重曹:酢=2:1の配合バランスにしてください。

酢も酸性であるためクエン酸と同じような効果が期待できます。

本当に重曹できれいになる?試した人の口コミをチェック!

重曹を使って洗濯槽掃除を行った人の口コミは以下のようなものがありました。

「洗濯物にカビがつかなくなった」
「洗濯機の悪臭がしなくなった」
「重曹+クエン酸で水垢がきれいに落ちた」

重曹はこのように洗濯機掃除に効果があるアイテムです。

水垢はアルカリ性の汚れなので、クエン酸を入れる事でより取れるようになります。

重曹以外で洗濯機掃除に効果があるのは?

重曹以外にも洗濯機を掃除するための洗剤があります。
順番に見ていきましょう。

酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は塩素系のような漂白力はありませんが、優れた漂白力を持つ漂白剤です。

塩素系と違って、肌に優しいという特徴があります。
酸素系漂白剤効果は、漂白・洗浄・除菌・消臭です。

掃除方法は重曹のときと基本的には同じですが、入れる量が500gから1キロと酸素系漂白剤の方がたくさん入れる必要があります。
家庭にハイターがあればそれで代用できますよ。

塩素系漂白剤

塩素系漂白剤は高い殺菌力と漂白力が特徴です。
その分、使い方には注意する必要があります。

塩素系漂白剤の場合は5キロ洗いの洗濯機に200cc入れ最高数位の水をはり、3時間ほど放置した後通常通り洗濯機を回せば完了です。

カビ取りは酸素系漂白剤、殺菌は塩素系漂白剤と使い分けるのがおすすめです。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは重曹と炭酸ソーダの中間のような物質です。
重曹に比べてアルカリ性が弱いため、手肌に優しいという特徴があります。

セスキ炭酸ソーダを用いた洗濯槽掃除の方法も重曹の場合と同様です。
軽い汚れを落とす場合にはセスキ炭酸ソーダの方が効果的だといえるでしょう。

洗濯機のホースを掃除する方法は?重曹できれいになる?

洗濯機のホース掃除には酸素系漂白剤がおすすめです。
酸素系漂白剤は手肌に優しく重曹よりも漂白力が高いため、ホースの洗浄に向いています。

準備するものは酸素系漂白剤、ビニール手袋です。

浴槽でホースをつけ置き洗いする方法

おふろの残り湯で洗濯機を回しているという方も多いと思います。
この時に使う風呂水ポンプを浴槽を使って洗う方法を紹介します。

まずは、浴槽に50度くらいのお湯を入れ10Lあたりに100gの酸素系漂白剤を入れます。
これを洗浄液と呼びます。

この洗浄液に風呂水ポンプを入れて3時間ほど放置します。
その後風呂水ポンプの内外についている汚れを洗い流したら完了です。

つけおきするだけなのでとても簡単ですね。
浴槽で行いたくないという方は大きめのたらいなどでも代用できますよ。
洗濯槽掃除の際に一緒に行うようにしましょう。

まとめ

今回は洗濯槽掃除を重曹を使って行う方法を解説しました。

重曹は洗濯槽掃除以外にも使える万能アイテムです。
重曹を使って洗濯槽掃除を行ってみてくださいね!